命を預かる国家資格|資格を取得して夢に近づく|セラピストとして多くの人を癒そう

資格を取得して夢に近づく|セラピストとして多くの人を癒そう

命を預かる国家資格

男女

高まるニーズ

一昔前なら保母さんの名前で呼ばれていた保育士は、子供のいる世帯にとってはとても身近な存在であり、最近では男性の保育士も増えてきています。身近すぎて実感しにくいのですが、保育士という資格は厚生労働省の管轄する国家資格なのです。児童福祉施設、いわゆる保育園や養護施設において、保護者の代わりに保育をする子育てのスペシャリストです。そのため幼稚園と間違えやすいのが先生という呼称で、正確には教諭ではなく福祉の従事者ということになります。子供の数が減少していく中でも、人手不足であるといわれていることから、保育士はまだまだ必要とされる存在です。国家資格の中でも比較的取得しやすいので、資格取得を目指す人も増えてきています。

取得する方法

実際に保育士を目指すには、大きく分けてふたつの道があります。ひとつは厚生労働大臣から認定を受けている学校を卒業することです。指定されている学校には、短期大学、大学、専門学校などがあります。カリキュラムによりますが、最低でも2年間は学校で学ぶことになります。学習期間が一定時間かかること、学費もある程度かかりますが、きちんと単位をとって卒業できれば、その時点で保育士の資格を取得することができます。もうひとつは、保育士の試験を受験して合格することです。そのためには、まず受験資格が必要となりますが、学校を卒業するより短時間で資格を取得することが可能で、費用も安くて済みます。こちらはすでに働いていたり、子育て中だったりと学校へ行く時間が取れない人に向いています。

Copyright © 2017 資格を取得して夢に近づく|セラピストとして多くの人を癒そう All Rights Reserved.