企業を支える人材|資格を取得して夢に近づく|セラピストとして多くの人を癒そう

資格を取得して夢に近づく|セラピストとして多くの人を癒そう

企業を支える人材

男女

企業で求められるスキル

企業は成長を続けることが大事です。そのためには企業を支える人材の育成が最も大事なポイントになります。マネジメントは会社を支える重要な役割になっています。しかし適切なマネジメントができる人材は数少なく、育成させることが企業では急務になっています。昔の育成方法は現場主義です。そのため教える人の特性がそのまま引き継がれるスタイルなのです。昔のマネジメントは今では通用しません。難易度が高くなっているとともに、高度なスキルが要求されるのです。そのため外部講師などを招いてマネジメントの勉強を行うとともに資格などを取得することが大事になっています。資格を取得しても現場で活用できなければ意味がありません。そのため、OJT形式で行う事が最も大事なポイントになります。

OJTが一番効果的

マネジメントの勉強を行い、知識面を資格で証明し、その後、OJTで現場でしっかりと学ぶスタイルが今のスタイルになっています。現場である程度訓練を積んだ状態では変な癖がついている可能性があります。そのため、視覚の勉強を開始するのであれば、若いうちに始めるのが大事です。今では、養成などを実施るにあたって、できる限り若いメンバーを多く採用するなど工夫する会社が増加しています。資格を取得したのちの訓練が最も大事です。OJTは木曾がしっかりとできている人でないと、せっかくの知識が曲がって現場に伝わってしまう可能性があるのです。そのためOJT講師の選択も難しいのです。できる限り外部講師など会社内部とは関係ない人の下で学ぶことが大事なのです。

Copyright © 2017 資格を取得して夢に近づく|セラピストとして多くの人を癒そう All Rights Reserved.