資格を取得して夢に近づく|セラピストとして多くの人を癒そう

ストレス社会でニーズ上昇

女性

色々な方向性がある

ストレス社会と言われる現代において、癒しを求めている人は多くいます。セラピストは、心や体に不調を抱える人に対して、専門的な技術で癒しを与えて症状が緩和するよう働きかける仕事を行います。セラピストの資格は、香りの効用で癒しを行うアロマセラピーや、足の裏などに刺激を与えることで疲労改善を即すリフレクソロジーなどが有名です。民間のセラピスト資格は多種多様で、音楽セラピー、絵本セラピー、メイクセラピーなど、人を癒す手段はたくさんあり、その手段ごとに民間の認定資格が存在します。セラピストとして目指す道がたくさんあり、しっかりとした技術を持って経験を積めば、独立開業も目指せるのがセラピストの魅力でもあります。

知識や技能の高さが必要

セラピストは明確な定義がなく、資格のレベルも様々です。心理系の専門としては臨床心理士の資格が信頼性も高く認知度も高いでしょう。この資格を持っていることで病院や学校等での心理カウンセラーとして活躍する道も開けてきます。民間の各種セラピストになるには、専門のスクールに通い、基礎知識や実習で技法を学んで資格を取得するのが一般的です。スクールによってカリキュラム内容に差があるため、価格の安さや資格取得までの期間などにとらわれず、知識をしっかり学べて実習が充実しているスクールを選ぶようにしましょう。資格取得後の道としては、専門のサロンへの就職を目指すことになります。知識や技術力の高さが求められる世界なので、自分の目指す方向でどう認められるかはあらかじめ考える必要があります。

命を預かる国家資格

男女

保育士は厚生労働省の管轄する国家資格です。活躍の場も広く、比較的取得しやすいことから、ニーズが高まっています。資格を取得するには、厚生労働大臣が指定する学校を卒業するか、保育士受験に合格する方法があります。

More Detail

スキルアップに使えるもの

オフィス

ビジネス資格は、最難関を目指すよりも自身のスキルアップと捉えた方が幅広く応用できます。例えば簿記や宅建などはいろいろな業種で活用できます。査定に有利な若いうちに取っておくといいでしょう。また日本語検定、漢字能力検定、ビジネス実務マナー検定などは社会人になる前から取得しても有効です。

More Detail

企業を支える人材

男女

会社では今マネジメントスキルを養成することが多くなっています。企業を支える人材には必要不可欠なスキルになっています。資格などもありますが、OJTを通じて現場で使えるようにならないとせっかくの資格も意味はないのです。

More Detail

Copyright © 2017 資格を取得して夢に近づく|セラピストとして多くの人を癒そう All Rights Reserved.